続? さくら の のほほん道楽絵巻

仕事よりも趣味最優先・・・毎年の目標は趣味道精進! そろそろ家族に捨てられそう。。。(汗;)

日々の備忘録。。。

 ヘビーなアントニオ猪木信者のご友人、
      アントニオ猪木の国葬
未だ信じて疑わぬ姿勢
にあっぱれの さくら でございます・・・
まぁ、実際は無理と分かっていても
我々の血税を湯水の様に使いまくったヤツ
の国葬よりは全然、良いかと。。。m((_ _))m
o0738096014053709129
 さて時折、新車の情報を収集するために
本屋サンで購入している
モーターファン別冊・ニューモデル速報
今回は日産・エクストレイル
情報収集のために購入し。
CIMG5538
 今年の7月に9年ぶりのフルモデルチェンジで
4代目となった同車・・・
CIMG5540
ガソリンエンヂンを動力に走行していたモノが
ガソリンエンヂンで発電した電気でモーターを
駆動
し走行する方式に変わり。
CIMG5541
CIMG5542
 私めの実家に日産ディーラーからエクストレイルの
カタログが来ておりましたが、
本格的に的に読むことはなく、
今回のモーターファンでの情報収集となり。
CIMG5545
CIMG5547
CIMG5548
 そんなエクストレイル、
室内スペースに関してはさることながら、
日産が力を入れているe-POWER搭載車となり、
1.5㍑のTURBOエンヂンを搭載。
CIMG5544
CIMG5550
 そんなTURBOエンヂンも可変圧縮比8.0から14.0で
変化させることができ、静寂性のアップと
更なる低燃費化を実現したようで。
CIMG5549
 また駆動用モーターもフロントに150kw、
e-4ORCEという名称の4駆仕様であれば
リヤには100kwということで、
総トータルで250kw、馬力換算で340馬力。
CIMG5543
 さすがの私めも、
なんと素晴らしいパワーを秘めたクルマなの♪
CIMG5551 - コピー
と、ひとり勝手に感動しておりましたが、
モーターファンを熟読していくと、こんな一文が。
 
「システム最高出力は電力供給能力で決まるため、
         駆動方式にかかわらず150kwだ。」

ということで、ハイパワーSUVかと思いきや、
電力供給能力で行けば馬力換算で200馬力チョット。
CIMG5551
 あまりパワーには興味がないとはいえども、
当初、数値を信じ340馬力だと思っていたモノが
100馬力以上ものパワーダウン
チョイと拍子抜けしていた訳で。。。(淋)

 「断じて容認することができない…」
毎度おなじみの言葉を並べるだけで
北朝鮮のミサイル発射に関して手も足も出ない
   ヘタレ総理の岸田クン
に呆れている さくら でございます・・・
まぁ、例の教会絡みのヤル気の無い調査
忙しいんでしょうけど。。。m((_ _#))m
66-0
 さて、一応は今年、銘板関連に関しては
年内収集終了宣言を出しておりましたが、
それでもY!の付くナラズモノオークション
ついつい覗いてしまい。(汗;)

 今年は数々の銘板を入手してしまい、
銘板を飾れる場所もあと一か所、
入手しておきたい銘板といえば
国鉄車両工場の改造銘板
JR西日本JR四国の銘板、
製造メーカーのアルナ工機
帝国車輛が入手できれば満足といったところ。

 ただ今年は調子に乗り過ぎて落札し過ぎてしまい、
入手に関しては年内自粛を図り
また来年になったら入手していきましょう!
といったひとりの約束事を打ち立てたばかり。(汗;)

 そんな中でのナラズモノオークション、
私めの手の内を知っているかの如く、
    帝 国 車 輛
の銘板が出品されており。。。(滝汗;)

 帝国車輛といえば、私めが幼少期に乗った
国鉄101系電車の室内に
プラ製の銘板が貼付されており、
帝車のほか、川車、汽車などの銘板が貼付され、
その頃に車両メーカーへの興味をもった覚えが。
511ab00e
 そして今回、落札したものに関して
リーズナブルに5000エン以下だったのですが、
帝国車輛の銘板はもう1枚出品されており、
そのお値段の方は1万5千円超ときたもので。
CIMG5598
 そんな中、いつかは入手しておきたかった
帝車の銘板・・・
CIMG5599
CIMG5600
過剰包装のうえ、我が家に到着いたしましたが
状態も良く、昭和27年製の車両に
取付けられていたようで。
CIMG5601
CIMG5602
CIMG5603
 文字を見ていると、現行のモノなどと比べ、
文字の線が細いような気もしますが、
入手できた喜びの方が強く・・・
CIMG5604
CIMG5605
CIMG5607
今後はビスを購入してOSBボードの方に
取付けていきたいと思いますが、
そろそろOSBボードの銘板の貼り付け順番なども
変えておきたいような。。。
CIMG5608

 初めて行った飲食店でおススメの
           オムライス
を注文したところ、チキンライスの中に
       緑の悪魔 グリーンピース
が散りばめられており、
速攻で別料理を注文
した さくら でございます。。。m((_ _
#))m
omurice-00
 さて、今回もコツコツと冷房装置の交換を
行いたいと思いますが、
以前、167系田町色タイプから取外したAU13ENの
CIMG5484
新たな活用先ということで、
道楽部屋にて色々と車両を探索し。

 ということで、該当するのは急行形電車、
一時期、サロ110にも冷房装置の交換作業を
行っておりましたが、該当車両する車両は
全てAU13ENへ交換しており。

 とりあえず道楽部屋から下界にご招待したのは
KATO 455系 グリーンライナー
の冷房装置を交換していくことに。。
CIMG5513
 以前にも、もう1本あるグリーンライナー
クモハ455だか、クハ455の
どちらか忘れてしまいましたが
AU13ENへ交換した覚えがありますが、
今回は先頭車2両に施工。
CIMG5514
CIMG5516
 さっそく2両の先頭車の冷房装置を
交換していきたいと思いますが、
今回はすでにトイレ窓白色化作業は完了しており、
あくまでも冷房装置の交換のみ、
CIMG5515
とりあえず、2両共に屋根を取り外して
冷房装置取り外しの準備。
CIMG5517
 屋根の裏側から爪楊枝にて冷房装置を押し出し、
2両分の冷房装置を外したところで、
屋根を車体に戻して冷房装置取付の準備を。
CIMG5518
CIMG5519
 取付けた屋根にAU13ENを取付けていきますが、
取外しと違い、冷房装置の取付作業は
速やかに完了する♪
CIMG5521
 わが家でひそかに進行する冷房装置交換による
様々な車両のバリ展シリーズ、
今後も冷房装置の交換作業は微速前進で
続けていきたいものと。
CIMG5520

 私めのご友人が後輩と飲食店にいった際のハナシ、
職場から電話が掛かってきてしまったご友人、
仕事に関する手順に関しての内容だったそうですが、
料理が運ばれるなか、ご友人は仕事の順序を聞かれて、
   「まず、そうだね!」
と言ったところ、食事を運んでいた店員サンに
     「だったら、頼まなきゃいいじゃん!」
小声で捨てゼリフを言われたと聞き、
腹が捩れそうになった さくら でございます・・・
   「マズそうだね・・・」
日本語は難しいアルネ。。。m((_ _))m
yzew_w630h630
 さて、色々な都合で土曜日に車検に送り出した
   スズキ キャリイ ST41T
とりあえず、19回目の車検を終えて
昨日の夕方、わが家に帰還。
CIMG5609
 ただ車体に関する大きなダメージは無かったものの
今回は修理に関する消耗品に関する問題、
車検場では車体に関して指摘事項があったようで。

 年式が起因していることもありますが、
ブレーキカップキットに関しては
リヤ用の在庫自体が無くなっている店が
出てきているということで、
ストックを踏まえた対策を考えなければいけないのかと。

 また、今回の車検時、
20年以上に渡り車体脇に貼付されていた
    リフレクター
が指摘を受け現地にて剥がしたそうで。(淋)
CIMG5612
CIMG5622
 とりあえずは本日から天候が芳しくないということで、
そそくさと元の姿に戻していきますが、
CIMG5610
最初に鴨居部分を定位置に設置・・・
CIMG5611
鴨居を取付けた後、作業灯の点灯を確認し
作業の方は完了♪
CIMG5614
 続いてタイヤ交換となりますが、
最初にフロント側から・・・
CIMG5615
いつもながらの交換作業ということで、
フロントの交換作業を終え、
お次にリヤを交換して作業は完了!
CIMG5617
CIMG5618
 ナット部分の黄色塗装、
CIMG5621
剥がされてしまったリフレクター貼付については
後日行いたいと思いますが、
納車から40年が近づくと
色々と部品の確保も考えなければいけなくなることを
改めて感じさせられた車検だったわけで。。。(悩)
CIMG5619

 朝から物騒な情報が流れておりますが、
PAC3などで迎撃するわけでもなく、
テレビは情報を流すだけ・・・
あとはヘタレ岸田クンが強い抗議と遺憾の意
ワンパターンで日本はおハナシにならない
と思う さくら でございます。。。m((_ _))m
CIMG5597
 さて今回は、非常に簡単な作業ということで、
前回、サロ110から取り外したAU13を活用して
CIMG5500
急行形電車でも・・・
ということで、道楽部屋から引っ張り出して
取付けることに。

 そもそもサロ110に取付けられたAU13、
急行形電車に取付けられているモノよりも、
若干、薄めのグレーということで、
屋根上の変化を求めるならもってこいの
冷房装置入替作業といった具合♪

 ということで、道楽部屋から下界に
ご招待したのは・・・
JR東海仕様のクモハ165と
極フツーのクハ165の2両。。。
CIMG5503
CIMG5504
CIMG5505
 さっそく作業に移りたいと思いますが、
2両とも屋根を車体から離脱、
続いて、外した屋根に取付けられる
AU13を取外せば次のステップにといった具合。
CIMG5506
 AU13が取外された屋根、
とりあえず元の車体に戻して、
新たな冷房装置搭載に備える。
CIMG5507
CIMG5508
 冷房装置が取り外された屋根を戻された
クハ165とクモハ165、
取外した冷房装置の箇所に
サロ110の冷房装置を取付けていくといった具合。
CIMG5510
 屋根と同色だったAU13分散型冷房装置、
サロ110に搭載されていた冷房装置の方が
若干、グレーの度合いが薄いせいか、
急行形電車の濃いグレーの屋根に搭載すれば、
色合いの対比が出来て良い感じの様な。
CIMG5511
 ひとまず、今回は簡単な作業で終了となりますが、
冷房装置と同色のKATOの車両、
交換可能な限りこういった屋根上の変化を
今後も行っていきたいような。
CIMG5512

↑このページのトップヘ